アパート経営の極意について説明します

経営では、利益と資金繰りの違いがポイントですが、設備投資型の事業であるアパート経営では、特にこの差が大切です。アパート経営で利益が出ればお金がたまったり、自由に使えるお金が増えると考えがちですが、利益と実際のお金の流れは、共通点が多いですが、いくつかの違いがあります。その代表的なものが減価償却と借入返済です。減価償却とは、設備を1年で費用にする代わりに、耐用年数の期間に分割して費用にすることで、2年目以降はお金を支出しなくても経費にできるのが特徴です。一方、アパート経営の初期投資に借入を利用している場合、毎月借入返済をしますが、必要経費になるのはそのうちの利息部分だけです。最近の低金利は投資に追い風ですが、その反面、返済の利息が少なく、元金がどんどん減少するということは、経費が少なくて利益が出やすいということです。借入返済の支出額は同じなのに利益が出るということは、お金が残っていなくても税金がかかるということです。利益を出すこととお金を残すことの違いを意識することが大切です。

失敗しないためには、資金繰りがポイントです。

事業をするなら利益を出すのがいい経営と考えるのが普通ですが、利益が出れば税金がかかります。長引く低金利で、預貯金があっても利息収入は見込めず、使えば元金が目減りしてしまいますが、賃貸経営では毎月安定した収入を見込むことができるのが魅力です。収入があれば税金を払うのは義務といえばそれまでですが、設備投資を伴う賃貸経営では、お金が残っても利益を出さないことが可能です。反対に、収入の大部分を返済に充てれば、お金は残っていなくても利益が出て、税金を納める分、資金繰りは持ち出しになってしまうこともあります。日本人は借金を好まないといわれていますが、借入金はもしもの時の相続財産を圧縮させるため、相続対策としても有効です。借入を上手に使えば、毎月の安定収入とともに、相続対策としても効果を発揮します。

資金繰りで成功する賃貸経営では、収支計画が有効です。

賃貸経営をする場合、その物件から毎月いくらの賃料収入が見込まれて、どれくらいの経費が掛かるかは、販売会社でも見積もりを提示してくれます。アパートを取得する場合、土地は所有していて建物だけ建設する場合と、土地建物を一括して購入する場合がありますが、減価償却費は、土地を除く建物部分に対して、法律で決められた耐用年数=法定耐用年数で計算します。このとき、中古物件を購入すると、耐用年数が新築より短くなるので、一年あたりの減価償却費は大きくなるため、節税の選択肢の一つになります。新築の場合、保証が充実しているので、保証と節税のバランスで選択すると効果的です。借入金は、できるだけ早く返したいと思いがちですが、事業経営のための借入は手段であって悪ではありません。収入の中で、どれくらいを返済すればどれくらいの税金が必要になり、お金がどれくらい残るか、試算して借り入れをすることがポイントです。不動産を担保にした借入は、最近の低金利の中でも特に有利なので、当初の計画では長めの返済期間にして、余裕資金があれば繰り上げ返済をすると安心です。

様々な場所で事業を展開しているので、全国各地の様々な方にご利用頂くことができるのも当社の特徴となっております。 弊社は土地環境が30年安定したアパート経営を行える場所と判断しない限り、オーナー様とお会いしません。 当社のアパート経営の最大の特徴にして他社との違いは30年一括借り上げ、空室リスクがないので、安心して投資が可能です。 アパート経営で土地活用しませんか